福島瑞穂氏「国民の信頼回復を期待」(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は16日の民主党大会であいさつし、同党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる事件について「国民は真摯(しんし)な説明を求めている」と述べた。あいさつの詳細は以下の通り。

【連立政権】

 「みなさん、おはようございます。民主党2010年度定期大会、本当におめでとうございます。ちょっと鼻声ですいません。心からお祝いを申し上げます。私は社民党党首として、何度も何度も民主党大会に参加をしております。きょうの民主党大会は感無量です。昨年、政権交代し、民主党の代表が総理大臣になられ、連立政権を組み、まさに昨年から新しい政治が始まりました。民主党のみなさん、新しい政治をともに全力で作っていこうではありませんか」

 「今の内閣は子供を大切にする内閣、子供と女性を大切にする内閣、子供と女性と男性を大切にする内閣だと私は思っています。鳩山総理の下で、『障がい者制度改革推進本部』が立ち上がり、多くの当事者のもとで、まさに障害者施策を全面的に変えていく、そんな施策がエンジン部隊として始まりました。また、自殺の対策をはじめ大きく変わっています」

 「ちょうど1年前、この日比谷の野外音楽堂、隣の野音のところでは、まさに派遣村でした。今年の正月、鳩山総理と一緒に公設派遣村へ、菅(直人)副総理共々参りました。そのときに、やはり、政治が変わったということを痛感をいたしました。政府に対して、こうしてくれああしてくれという時代から、ワンストップサービスを内閣としてきちっとつくっていく、働く人たちの生活の底支え、生きていく人たちの底支えをしっかり制度の面からやっていく、そんな内閣を一緒につくりあげていると私は思っています」

【普天間移設問題】

 「この内閣の人を大切にする内閣、命を大切にする内閣を、ともに全力で遂行して参ります。ともに乗り越えていかなければならないことがたくさんあります。まず、普天間基地(沖縄県宜野湾市)の返還と辺野古(同県名護市)の沿岸部に、普天間基地の返還は何としても実現したい。社民党は辺野古の沿岸部に巨大な海上基地を作りたくない、海を守りたい、そう思っています。県外・国外移設を全力でやっていきたいと考えております。これは基本政策閣僚委員会の作業チームで3党で内閣を挙げてなんとか、自民党政治とは違う解決策を模索をし、解決策を見つけようと全力を尽くしているところです。内閣を挙げてともに頑張っていこうではありませんか」

【労働法制】

 「そして、次に労働法制などの問題です。自民党政治とは違って、派遣法の抜本改正案、働く人のための法律をきちんとこの内閣のもとで、通常国会で出していきたい、成立させていきたいと社民党は考えております」

【政治とカネ】

 「そして、最後に政治への信頼の問題です。国民のみなさんは新しい政治を作ってくれ、どうか自民党政治とは違う政治を作ってくれと期待をしています。その国民の声に何としても応えていこうではありませんか」

 「政治とおカネの関係について、新しい政治にふさわしく、根本的に見直す必要があると社民党は考えています。社民党は政治とカネの問題について取り組んできました。企業団体献金禁止という法案を社民党は国会に提出したいと考えております。どうか一緒に議論をし、政治とお金の問題について、新たな枠組みを一緒に作ってくださるよう心から期待をいたします」

 「今回の件についても、国民のみなさんは真摯な説明を求めていると思います。民主党が友党として政治に対する国民の信頼を回復されるよう心から期待をしています。国民の皆さんの新しい政治を作ってくれ、生活を大事にする政治を作ってくれ、その声に社民党も民主党とともにきちんと応え、新しい政治を未来に向けて切り開いて参ります。ともに頑張りましょう」

【関連記事】
小沢氏「こういう権力行使は納得できぬ」
小沢幹事長「信念を通し、戦っていく」
鈴木宗男氏「狙われたら誰でもやられる」
鳩山首相「小沢幹事長を信じております」
小沢幹事長続投に「党の自殺行為」の批判も 

震災から15年 5年間の「記憶」明日の被災地へ 神戸映画資料館あすから上映(産経新聞)
<人事>総務次官に岡本氏就任(毎日新聞)
基地問題が争点…名護市長選告示(スポーツ報知)
「確認書」の日付偽装=07年公表の文書−会見直前に作成・小沢氏団体土地購入(時事通信)
<政教分離>「神社に市有地提供」20日に最高裁大法廷判決(毎日新聞)
[PR]
# by 4bunfju46t | 2010-01-23 11:32

「小沢氏、出処進退自ら判断すべき」みんなの党の渡辺代表(産経新聞)

 みんなの党の渡辺喜美代表は15日夜、民主党の小沢一郎幹事長の元秘書で衆院議員の石川知裕容疑者が政治資金規正法違反容疑で逮捕されたことについて、国会内で記者団に対し「自浄能力は小沢幹事長本人にも問われる。出処進退は自身が判断される問題だ」と述べた。

【関連記事】
「小沢氏は説明責任果たせ」自民大島幹事長
「一大事だ」「理解できない」…小沢氏の地元・岩手は驚きと疑問
石川逮捕 「くやしい」「小沢も危ない」民主党に衝撃走る
「小沢さん、厳しいねえ」反小沢陣営からは…
石川知裕議員を逮捕 4億円不記載 東京地検特捜部 

「桜田門外の変」で井伊直弼襲撃の拳銃か?(産経新聞)
千葉真子さんが子供たちに“夢”指導 滋賀・草津(産経新聞)
小沢氏は必要に応じて説明を=検察の事情聴取要請で−鳩山首相(時事通信)
復興へ体制見直し 独り身高齢者に温か、街のアイドル「駐在さん」(産経新聞)
子ども手当支給で内閣支持回復…民主・山岡氏(読売新聞)
[PR]
# by 4bunfju46t | 2010-01-22 16:47

犯罪死見逃すな!検視強化へ研究会…警察庁(読売新聞)

 警察庁は21日、「犯罪死を見逃しかねない」と指摘されている現在の検視体制など死因究明制度を強化するため有識者から意見を聞く研究会を、今月29日に発足させることを決めた。

 結果を踏まえ、中井国家公安委員長は、来年の通常国会にも検視や解剖の体制改善の関連法案を提出する意向で、欧米に比べ遅れていた制度の改革に向けた作業が本格化する。

 研究会には、千葉大の岩瀬博太郎教授(法医学)や東京都監察医務院の福永龍繁院長ら10人が参加。解剖率が高い米国などの制度調査も実施し、1年後をめどに提言をまとめる。検視官や解剖医の増員に向けた具体策のほか、東京23区や大阪など一部の大都市にしかない監察医制度を全国に拡大することなどが議論される見通し。

 警察が取り扱う「異状死」は2008年で約16万体に上ったが、検視官が現場に立ち会うケースは14・1%、解剖率は9・7%にとどまった。検視官や解剖医の不足が原因で、埼玉県警が捜査中の東京都豊島区の無職女(35)と交際していた男性らが相次いで不審死した事件では、東京都青梅市の男性(当時53歳)が解剖されないまま「自殺」と判断されていた。

都議会参考人招致 築地移転で賛否(産経新聞)
<クールビズ>ネクタイ業者団体が廃止要望 小沢環境相に(毎日新聞)
「海賊母船か? 」一時緊迫=上空警戒、P3C飛行公開−ソマリア沖(時事通信)
ゆるキャラ 香港で関西PR 大阪で結団式(毎日新聞)
交通網調査費盛りLRT減額 堺市議会が予算承認(産経新聞)
[PR]
# by 4bunfju46t | 2010-01-21 19:28

<岐阜ヘリ墜落>知事が事故当夜に宴席 女性幹部との懇親会(毎日新聞)

 北アルプス奥穂高岳で昨年9月、岐阜県防災ヘリコプターが墜落して同県職員3人が死亡した事故当日の夜、古田肇知事(62)が、岐阜市内のホテルで開かれた酒宴に出席していたことが、15日分かった。古田知事は「酒に口をつけたかもしれないが、報告は逐次受けており、事故への対応にぬかりはなかった。何かを犠牲にして会合に出たわけではない」と話している。

 事故は昨年9月11日午後3時20分ごろ発生。古田知事によると、懇親会は女性幹部職員との親交を深めるため年1回開かれている。知事は午後7時40分に退庁し、約30人が出席する中、午後8時ごろから1時間近く参加したという。会場の女性職員に事故の担当者はいなかった。08年は給与をめぐる職員組合との交渉のため、出席しなかったという。

 古田知事は「会合は女性職員の意見を聞くためのもので、公務として必要だった。遺族対応についても、他の職員に、遺族の気持ちを大切にするようにと指示していた。会合後も午前4時まで、自宅から電話やファクスで対応を職員に指示していた」と話し、酒宴への出席に問題はなかったとの考えを示した。

 古田知事は通産省出身。2005年1月初当選し、現在2期目。【山田尚弘】

【関連ニュース】
日航:御巣鷹遺族らが要望書 合理化で事故再発不安
ジャマイカ:米旅客機がオーバーラン 40人以上けが
長崎海自ヘリ墜落:海幕長陳謝 原因究明と再発防止に努力
墜落海自ヘリ:機体を引き揚げ 長崎沖
海自ヘリ墜落:機体見つかる、乗員1人も 水深100Mで

家庭で環境に良いことを実践しているのは妻がダントツ(産経新聞)
防災担当は中井拉致問題担当相の兼務に(産経新聞)
大阪府の法人2税が1300億円減り2000億円に 昭和50年並みに (産経新聞)
小沢氏問題で民主激震…首相は強気? 党内に「答えるな」の指示も(産経新聞)
自民追及チームが小沢氏の不動産を視察へ(産経新聞)
[PR]
# by 4bunfju46t | 2010-01-21 01:49

石川容疑者、5000万円口座へ 水谷建設から「裏献金」の3日後(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入に絡む事件で、政治資金規正法違反容疑で逮捕された元会計事務担当の民主党衆院議員、石川知裕容疑者(36)が、水谷建設側から現金5千万円を受け取ったとされる日から3日後の銀行の翌営業日に、陸山会の口座に同額を入金していたことが16日、関係者の話で分かった。石川容疑者はこの分を含む4億円を土地代金の原資にしていた。この状況から東京地検特捜部は水谷建設の裏献金が土地代金の一部に充てられたとみている。

 一方、石川容疑者が特捜部に「わざと記載しなかった」と一転して容疑を認めていることも関係者への取材で分かった。「小沢先生の指示ではない」としながらも、虚偽記載の理由については「今は言えない」とも供述している。

 関係者によると、水谷建設元幹部らは任意聴取に「平成16年10月15日午後、東京都内のホテルで石川容疑者に現金5千万円を手渡した」と説明したという。15日は金曜日だった。

 石川容疑者が陸山会の口座に5千万円を入金したのは、3日後の18日月曜日だった。特捜部は金曜午後に受け取ったため当日の振り込みが間に合わず、週明けになったとみている。

 水谷建設元幹部らは17年4月にも、元会計責任者で公設第1秘書の大久保隆規容疑者(48)=同容疑で逮捕=に5千万円を渡したと説明。ほぼ同時期に陸山会の口座に数千万円程度が振り込まれており、特捜部は関連を調べている。

 石川、大久保両容疑者は特捜部の調べに、水谷建設側からの裏献金について全面的に否定している。

 一方、関係者の話では、石川容疑者はこれまで虚偽記載について「衆院選出馬の準備で忙しくて記載を忘れていただけ。単なる記載ミスだ」と犯意を否認していたが、最近になって「わざと記載しなかった」と供述したという。

 さらに、後任の会計事務担当だった池田光智容疑者(32)=同容疑で逮捕=から政治資金収支報告書の作成を相談され、「正しく書かなくていい」と指示したとも供述した。

 池田容疑者も容疑を認めた。19年の4億円の不記載については大久保容疑者に「指示された」と供述。「大久保氏に指示され、紙袋に入れて小沢先生の元に運んだ」と説明している。

<センター試験>今年も地元志向「就職を意識」(毎日新聞)
大商会頭に佐藤氏打診 京阪CEO(産経新聞)
大潟のコメ削減、全量回復へ=農相の批判受け−秋田県(時事通信)
首相動静(1月11日)(時事通信)
米国務長官が日本のエコカー補助に「排他的」 (産経新聞)
[PR]
# by 4bunfju46t | 2010-01-19 19:16