<   2010年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

新型インフルで43歳男性が急死 千葉・四街道(産経新聞)

 千葉県は2日、新型インフルエンザに感染した四街道市の自営業の男性(43)が死亡したと発表した。県内で新型インフルエンザ感染者の死亡が確認されたのは初めて。男性に基礎疾患は確認されておらず、ワクチン接種も受けていなかったという。

 県によると、男性は1日早朝、腰痛や咽頭(いんとう)痛などの症状を訴えて四街道市内の医療機関を受診。発熱やせきなどの症状が見られなかったため、インフルエンザの簡易検査は行われなかった。午後になっても症状は改善せず、手足のしびれや歩行困難の症状が現れたため、男性は同病院に救急搬送されたが、血液中の酸素濃度が低下したため成田市内の病院の集中治療室(ICU)に入院した。

 簡易検査の結果、A型陽性と判明。タミフルの処方を受けたが、その後も肺炎や急激な呼吸困難などの症状を起こしたため、人工呼吸器を装着して治療が続けられ、午後8時10分ごろ多臓器不全により死亡した。2日午後に新型への感染が確認された。

【関連記事】
遼に忍び寄る魔の手 1日100人超と握手インフル危機?
新型インフル猛威で“ハイテク”マスクがバカ売れ
新型インフルで需要増、空気清浄機クリーンヒットは?
旅行会社にインフル逆風…爆騰・暴落20銘柄
インフルで大忙しの最中に…保健所所長が痴漢で逮捕

タイタンズ2010
3年1組イロコイザタ
ショッピング枠現金化
自己破産
債務整理無料相談
[PR]
by 4bunfju46t | 2010-01-07 21:38

国会論戦控え「安全運転」=首相年頭会見(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は4日の年頭記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題など当面する重要課題に関し、慎重に言葉を選ぶ「安全運転」に終始した。2010年度予算案など重要課題山積の通常国会での論戦を前に、踏み込んだ発言をするのは得策ではないとの判断からとみられる。
 首相は普天間問題について、沖縄県民だけでなく、米側の理解も得ながら議論を進めたいと強調した。両者は同県名護市のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設するとした現行計画の是非をめぐって主張が相反するが、双方への配慮を示すことで中立の立場を印象付ける狙いがあるようだ。
 また、参院選の目標議席に関しては「参院選のことを話すタイミングではない」と言及を避けた。子ども手当関連法案や政治主導確立法案など重要法案の扱いについても、与党との調整を重視する考えを示すにとどめた。
 就任から110日余り。慎重発言の背景には、自身や関係閣僚の発言が迷走し、指導力の欠如を印象付けたことが、内閣支持率の低下を招いたとの意識があるのは間違いない。 

【関連ニュース】
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト
辛くも「決裂」を免れた日米関係の行方
鳩山政権を取り囲む二重三重の「不安」

z7xz5xidの日記ブログ管理ツール
null
クレジットカード現金化 比較
パチンコ攻略
クレジットカード現金化 即日
[PR]
by 4bunfju46t | 2010-01-05 18:20