<児童福祉法違反>少女ら使い営業 エステ店摘発 神奈川(毎日新聞)

 女子高生らに男性客の体に密着したマッサージをさせたなどとして、神奈川県警少年捜査課と藤沢北署は10日、横浜市西区平沼1、マッサージ店「横浜リラックス」代表、山中渉容疑者(25)ら4人を児童福祉法違反(有害支配)容疑で逮捕した。また店で働いていた少女11人のうち16〜17歳の少女8人を補導した。風営法の規制対象の性的マッサージに該当しない範囲で少女にサービスさせる店を同法違反などで摘発したのは珍しいという。

 逮捕容疑は、09年8〜10月、同県大和市の女子高生ら少女3人(当時16〜17歳)に、男性客と体を密着させるオイルマッサージをさせたなどしている。山中容疑者は容疑を認めているという。

 県警によると、同店は08年12月ごろ開店。マッサージをする女性の大半が18歳未満だった。「営業形態は一見、風営法の規制対象外で、届け出義務などがないため実態の把握が難しい」という。【中島和哉】

【関連ニュース】
わいせつ:元サッカーコーチに懲役8年の実刑 神戸地裁
白河の売春防止法違反:被告に有罪判決−−地裁白河支部 /福島
元佐渡市職員の売春あっせん:被告に有罪判決−−地裁支部 /新潟
強制わいせつ:医師を懲戒免職−−国立病院機構事務所 /岩手
売春あっせん:少年追送検 容疑で共謀2人も送検−−山口署 /山口

エスパーダ通信
ひろみのブログ
無料携帯ホームページ
カードでお金
ネイルサロン
[PR]
by 4bunfju46t | 2010-01-14 11:15
<< 阪神大震災、遺族半数「悲しみ癒... 結婚詐欺・連続不審死 木島容疑... >>